読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトマナーズな日々

東大和市の少年野球チームの内輪情報の提供と新人勧誘のために作ったページです

Bチームの一喜一憂

 あらかじめ.今週末は,Bチームの3位決定戦(市民大会)が組まれています.また,Cチームの試合(北多摩の大会,決勝トーナメント1回戦)が組まれる可能性があります.保護者の皆様,応援・ご協力のほど,よろしくお願い申し上げます.

 

さて本題です.

AチームとCチームの市民大会が終了すると,「はざま」の世代であるBチームの大会が始まります.Bチームは,5年生としてAチームに参加するとともに,Cチーム(4年生以下)の選手の力を借りているため,Bチームとしての練習がなかなかできませんでした.現に練習試合はゼロ(苦笑).おそらく,多くのチームが似たような状況だと思います.それだけに,ちょっとした波乱はあるものです.

 

6月19日(先々週),Bチームの市民大会の一回戦では,タイガーシャークさんが,例年圧倒的な実力を見せるライダースさんを撃破しました(8−5).この試合は,内容的に見所満載でした.Aチームのような完成度はありませんが,Cチームとは明らかに違うスピード感と緊張感がありました.

 これに続いて,わがマナーズは,昨年度Cチームとして優勝した世代のブラックキャッツさんに9−6で勝利しました.試合終了後,マナーズの某コーチがわたしに耳打ちしてくれたのですが,「勝てる確率は30%くらいで苦戦を予想していた」とのことです.

良い意味で,期待を裏切ってくれたこの試合では,みんながヒーローなのです.そのなかから,素人管理人的に特に3つのプレーをとりあげたいと思います.

(1)ゆうたの全打席出塁 1番打者が全打席で出塁してくれたことは,相手チームへの無言の圧力になります.もちろん,点数につながる可能性も高いです.ゆうたパパ情報では,ゆうたママは「ゆうたのすごいヒットを見たい」とのことですが,1番打者の4打席4出塁は,4打席で1ホームランという数字よりも価値があるとおもいます.

(2)いぶきのライトゴロ 試合会場であった7小はライトが浅いため,ライトゴロが狙えます.しかし,狙ったからといって,それが実行できるわけではありません.試合後半の接戦の中,いぶきが「ライトゴロ」を完成させてくれたことで,チームは落ち着きを取り戻すことができました.

(3)あゆむの守備 4年生のあゆむは,Cチームではサード・ファースト・投手を担当していますが,この試合はセカンドで出場でした.1つ目の見せ場は,セカンド後方のフライへのチャレンジです.とても難しい後方のフライだったのですが,落下地点に入り込むまでの姿勢がとても美しかったです(結果はヒット).2つめは,非常に強いセカンドゴロを見事にさばいてくれました.普通ならば,おもわず逃げてしまうようなシーンです(笑).4年生では,りくの守備も素晴らしいのですが,あゆむのプレーにも注目です!

 もちろん,上記以外にも,たくと,ななせ,りく の3人の快打も忘れていませんよ.応援に駆けつけて下さった保護者のみなさんは,選手のみんなから,たくさんの感動をもらうことができました!

 

 そして,先週末は,Bチームの準決勝とあいなった訳です.試合前の様子です.あゆむの顔に緊張があらわれていますが,ななせの顔にはいつもの笑顔です.ゆうきは,いつもとかわらず飄々(ひょうひょう)としています(笑)

 I瀬コーチは,選手の緊張を見て取り,「緊張しているやつ」と質問すると,こうしろう,ゆうた,あゆむが挙手をしていたと記憶しています.すると,I瀬コーチが「いまから緊張するの早過ぎね」っと一言.選手に笑いが起こり緊張がほぐれていました.

f:id:White_Manners:20160627064931j:plain

f:id:White_Manners:20160627065011j:plain

 

 このところ恒例となっている試合前のインタビュー動画です.インタビューの受け応えが,「意外」にも立派です(笑)

(1)ぎんじ+いぶき https://youtu.be/wzwcT5W-_bw

(2)らいむ https://youtu.be/HlekOLDWI8g

 

素人管理人は残念ながら観戦することができませんでしたので,この後の様子は写真などがないのですが,試合内容は,残念ながらストロングスさんに0−7で完敗を喫しました.

 ストロングスさんのBチーム世代は,これまで多くのタイトルを獲得していますが,これからも,もっともっと多くのタイトルを取っていく可能性が高い非常に素晴らしいチームです.容易に勝てるとは思っていませんでした.
 0点という結果は残念ですが,0−7というスコアであれば,1年間で追いつける程度の差です.ぜひ相手チームの良いところを学び,一生懸命頑張って,来年度は雪辱を晴らしましょうね!

 

余談.

春の市民大会に関する試合前インタビューの一人目はAチームのけんちゃんでした.ところが,試合結果がまさかの敗戦(素人管理人的には,勝てると思っていた試合)だったため,胸が一杯になり動画がお蔵入りになっています.掲載希望の方は素人管理人まで.